川越諒太郎のREBOOT PROJECT(リブートプロジェクト)は詐欺だったのか?誰でも1日1万稼げるという嘘

2019年12月24日

  • 運営者

ケンイチ

ケンイチです。ネットビジネスを研究してます。一緒に在宅で稼ぎましょう!

詳細はこちら

2018年12月頃にインターネット上で、公開された

川越諒太郎 REBOOT PROJECT(リブートプロジェクト)。

手持ち3万円が1年後に1億円まで増やせるという触れ込みで宣伝されている商材なのですが、
実際にそんな夢のような話が実現できるのか?

検証していくことにします。

  • 運営者

ケンイチ

ケンイチです。ネットビジネスを研究してます。一緒に在宅で稼ぎましょう!

詳細はこちら

川越諒太郎のREBOOT PROJECT(リブートプロジェクト)とは?天才ハッカーが編み出したというが…

「川越諒太郎|REBOOT PROJECT(リブートプロジェクト)
とは、一体どんなものなのでしょうか?

手持ちのお金、すなわち自己自己資金3万円が、
1年後にはなんと、1億円まで増やせる
夢の「人生再起動プロジェクト」という触れ込みのビジネスモデルです。

この手の話は恐らく株式の取引や先物取引のような投資ビジネスであったり、
FXや仮想通貨に関連したビジネスのようなイメージがあります。

しかし、明確な投資内容は明かされていませんが、

川越諒太郎が独自で開発したとされる
「ANDシステム 」

と呼ばれるシステムを使って稼ぐことができるというのです。

5年という長い年月をかけて開発された完全自動の投資システムで、
毎日1万円儲かると説明されています。

専門知識もスキルも勉強も必要なく必要な資金は3万円があればいいと言うのです。

3万円というと、数日間アルバイトすれば稼げる金額なので、
後はANDシステムに任せて、毎日1万円のお小遣いが自動に懐に入る のですから、
仕事をしている間も、カフェでコーヒーを飲んでいる時も、
1万円を勝手に生み出してくれるのです。

これが真実であれば、どれだけ素晴らしいシステムでしょうか!

まさに理想の不労所得と言えます。

「誰でも間違いなく稼げる」、

「確実にプラスすることができる」、

「負けることが絶対にない」

というようなフレーズが、このビジネスモデルで
キーワード的に出てくるのですから、本当に信じたくなります。

しかし、明確なビジネスモデルが示されていない以上、
本当に信じることができないのです。

そう、このビジネスモデルにも、大きな落とし穴がありそうです。

川越諒太郎のREBOOT PROJECT(リブートプロジェクト)特定商取引法の表記

では、通信費販売における
特定商取引法表記について見てみることにしましょう。

このビジネスモデルで表記されているのは、以下の通りです。

運営元:株式会社iii
運営責任者:川越 諒太郎
住所:〒320-0014
栃木県宇都宮市大曽1-5-10
メールアドレス:info@reboot-pj.com

本商品に示された表現や再現性には個人差があり
必ずしも利益や効果を保証したものではございません。
このサイト及び情報は、著作権、商標権、その他の知的財産権により保護されています。
このホームページまたはコンテンツ、画像等すべてを、著作権者に無断で
使用、複製送信、頒布、改変、翻訳、デザインの模倣等利用することは
著作権法違反となります。

発覚した場合損害賠償として一千万円をご請求します。

この特定商取引法表記では、
法律で定められている電話番号が明記されていません。

返金を求めようにも、連絡する術がないのです。

しかも、「必ず稼げる」と表記されているのですが、
取引法表記内では、「利益や効果を保証したものではございません。」とあります。

もうこれだけで詐欺と呼んでもおかしくはないでしょう。

その上、知的財産権の観点から、
REBOOT PROJECTに関するコンテンツを勝手に使った場合は、
損害賠償金1,000万円を請求するとあるのです。

怪しいビジネスにも関わらず、
よくこれだけのことを書けるかと呆れてしまいます。

この特定商取引法表記は、法的に定められた内容が全く守られていないことからも、
詐欺的要素が強い通信販売と判断できるでしょう。

ちなみにここに表記されている住所をGooglemapで調べてみると、
丼物の定食屋が近くに表記されています。


「どんぶり専門店のどん」という情報が同じように住所でヒットします。

しかも、Googleで住所から逆引してみると、
ケアハウスの「サポートセンター オハナ」という店舗が出てくることもあって、
このことからもますます、その怪しさ、いかがわしさが分かることと思います。

川越諒太郎のREBOOT PROJECT(リブートプロジェクト)登録するとどうなるか?

“川越諒太郎 REBOOT PROJECT(リブートプロジェクト)
に登録するとどのようなことになるのでしょうか?

まず無料オファーでメールアドレスを登録すると、
REBOOT PROJECT(リブートプロジェクト)の説明動画のURLが案内されます。


その動画にしたがって、このビジネスモデルを実行していくことになります。

この動画は6話も続くのですが、1本1時間の動画です。

しかし、内容はとても陳腐なもので、初めは川越諒太郎のプロフィールで、
ホワイトハッカーという仕事で、若い時から投資に関するノウハウを学び、
独自システムである「AND システム」を開発したことが延々と説明されています。

しかし、動画の中では、どのような仕組みでお金を生み出すのか、
全く明示されてはいません。

続く2話でも核心に触れることなく、
巷に出回っている投資システムを開発してきたエンジニアの批判をするだけです。

回を追うごとにその内容はエスカレートしていきます。

実際に「AND システム」を利用したという人達が出演して、

「本当に稼ぐことができた。」

という体験談を述べています。

第三者のコメントを映像に盛り込むことで、
いかにも優秀な「AND システム」
であることを装っているとしか思えません。

それならもっと早い回で具体的な稼げる仕組みを公開すべきでしょう。

ますます怪しく感じるのは、3万円の投資が1億円になるのは、
川越のグループ会社が運営する投資会社が投資運用をしているということです。

このことも信憑性に乏しいだけで、全く信頼性を裏付けるものがありません。
この動画で本気になってはダメなのです。

川越諒太郎のREBOOT PROJECT(リブートプロジェクト)典型的な高額バックエンド詐欺の実態

 

動画説明を見ていると、
どうしても本当に3万円が1年後に1億円を生み出すとは思えないビジネスです。

このREBOOT PROJECT(リブートプロジェクト)では、
動画を長らく見ていると、やはり最後にお金の振り込みが要求されてきます。

「ANDシステム」の維持費や、
川越諒太郎のグループ会社である投資会社での
投資運用として数万円振り込むことを要求されたりしています。

システム維持のために98,000円の支払いを求めらることや、
新たなビジネス拡大のために、498,000円という案内まで出てきます。

初めは無料オファーとしておきながら、徐々に投資を増やしていくために、
高額な金額の支払いを求められることになる典型的な高額バックエンド詐欺と言えます。

この本当の姿は、全く儲かる根拠のない「ANDシステム」
という見せかけの仕組みをつよくアピールすることで、「1億円」稼げるような印象を与えます。

その上で、システムの稼働を維持させながら、
投資を最大限にするために数十万円もの費用を出させるという詐欺的手法を取っているのです。

川越諒太郎のREBOOT PROJECT(リブートプロジェクト)に関しての結論!

 

川越諒太郎 REBOOT PROJECT(リブートプロジェクト)の見ていくと、
典型的な詐欺的なネットビジネスであることが分かります。

無料オファーで言葉巧みに視聴者を動画で引き込んで行きながら、
タダで稼げる仕組みを提供するという甘い罠で、多くの人を囲い込んで行きます。

「ANDシステム」という訳の分からない仕組みを、
あたかも最もらしいアプリとしてアピールすることで、完全に顧客を離れないようにしていきます。

そして、最後には

「しっかりと利益を出すためには、維持費が必要。」

というような、ある種の強迫めいた要求で顧客が逃げ出せないようにしているのです。

まさに悪質なバックエンド商法のやり方であり、
決して成功するものではありません。

川越諒太郎のREBOOT PROJECT(リブートプロジェクト)は、集団訴訟の動きも見せているので、
この手のビジネスには、絶対に巻き込まれないように注意すべきしてください。

**********************************************************
最後まで記事をお読みいただきありがとうございます。
今後も価値のある記事を投稿していこうと思います。

また、けんいち公式LINE@の友だち追加してくださった方に
FX自動売買ツールをお渡しします!

LINE@友だち追加はこちらから!

友だち追加

QRコードからも追加することができます。