藤田守 High-Low Matic(ハイローマティック)は詐欺だったのか?何もしないで月収30万の真実!

2019年12月24日

  • 運営者

ケンイチ

ケンイチです。ネットビジネスを研究してます。一緒に在宅で稼ぎましょう!

詳細はこちら

こんにちは、ケンイチです。

今日は藤田守氏のHigh-Low Matic(ハイローマティック)

という内容の商材について検証したいと思います。

一見、英語の羅列が多くどのようなツールか分かりづらいのですが、
簡単に言うとバイナリーオプションの自動売買ツール となっています。

通貨の値動きが「high」なのか「low」なのかを自動で判断し、
儲けが出るタイミングを導いてくれるというとても魅力的な説明が多いツールですが、

果たして本当に自動で儲けることができるのか
今回はHigh-Low Matic(ハイローマティック)の真実に迫っていきます。

  • 運営者

ケンイチ

ケンイチです。ネットビジネスを研究してます。一緒に在宅で稼ぎましょう!

詳細はこちら

藤田守 High-Low Matic(ハイローマティック)とは?15万利益確約というが…

藤田守のHigh-Low Matic(ハイローマティック)とは、
バイナリーオプションの勝率をアップさせるツールとなっておりました。

その勝率は60%超えを謳っており

「パソコンを起動させて放置するだけ」

「手始めに15万円を確約」

という記載もあります。

本当に15万円を確約してくれるツールなら魅力的なものなのですが、
調べてみたところ、残念ながら稼ぐことはできないツールとなっていました...

そもそもバイナリーオプションは、掛け金に上限があり、
2分の1の確率というギャンブル要素が高いものですので、
〇万円を稼げると確約できるものではありません。

なぜ、15万円を確約できるかという理由の説明もなく、
当たり障りのない現実味のある金額ということで「15」にしている のではないかと予想できますね。

また、1か月無料キャンペーンを実施しているようで、
メールアドレスとLINEの登録を促しており、
手始めに個人情報となる連絡先の情報を収集する手法をとっています。

実際に登録をしてみるとどうなるのか、次の項目で詳しく解説していきたいと思います。

藤田守 High-Low Matic(ハイローマティック)特定商取引法の表記

 

まずは、 High-Low Matic(ハイローマティック)
の特定商取引法がどうなっているのか調べてみました。

販売者は「合同会社None」という会社になっていて、
東京都豊島区東池袋のマンションの一室が所在地となっていました。

東京都豊島区東池袋三丁目 15-5東池袋マンション801号室という、
一見信頼できる業者のように見えますが、この手のツールでは一般的なやり方で、
実際にこの場所は架空のオフィスであったりすることも少なくありませんので、
住所だけで信用するのは危険です。

責任者の名前は「香川尚禎」、実際に電話番号やメールアドレスの準備があることから
、信用できる会社のようにも見えますが、

香川尚禎氏に関しては、2017年スマホをチェックして月収60万円
タップするだけで月収520万円など、現実的に不可能な商材をオファーしていた人物でした。

これらの商材については、
インターネット上の口コミを見ても実際に稼げたというケースは皆無 であり、
評判は決して良いものではありません。

また、マンションの一室で実際にこの住所での直接販売はおこなっていないという注意書きもあり
実際に事務所の準備があるかどうかの判断はできないものとなっていました。

この手のツールの販売によくある手法として、
特定商取引法に必要な項目をとりあえず埋めるために準備した情報という印象が強いもので、

ひとまず、特定商取引法の表記だけで判断をすると
High-Low Matic(ハイローマティック)は胡散臭いツールと言わざる負えません。

藤田守 High-Low Matic(ハイローマティック)登録するとどうなるか?

 

実際にメールアドレス、またはLINE登録した後ですが10分程度の検証動画を見て、

3日後の20時に無料で使用できるか当選発表となります。

「当選」という言葉にドキドキする方もいるかもしれませんが、
実際には全員当選する手法のようです。

肝心のツールはどうなのかという話ですが、
ハイローオーストラリアというトレード業者の
バイナリーオプションでの自動売買を謳っているツールとなっていますが、

そもそもハイローオーストラリアでは、自動売買は禁止されています。

この時点で察している方も多いのではないでしょうか。
このツールは禁止行為を助長しており使うことができないものとなります。

実際に使用してしまうと、ハイローオーストラリアの口座は凍結されてしまい、
入出金の制限だけでなくログイン制限もかかるようです。

また、High-Low Matic(ハイローマティック)のツール自体も無料を謳っていますが、
システム料19,800円、システム利用料月額2万円など、バックエンド販売を目的としているようです。

インターネット上の口コミでも
月額2万円で2年分480,000円の決済をもとめられているケースがあるようで、

キャンセルをするとシステム料の19,800円は取り戻せない仕組みとなっていて、

いずれにしても最低19,800円を奪取するという手法となっているので、注意が必要です。

藤田守 High-Low Matic(ハイローマティック)の正体とは?他の経歴は?

 

定商取引法の表記では、責任者の名前が香川尚禎となっているのに、
藤田守 とは何者なのか気になる方は多いのではないでしょうか?

藤田守氏について調べてみたところ、
過去にagainという自動資金増加ツールのオファーもしていた人物。

このagainに関してもFXで資金を増やす自動売買ツールとなっており、
しかもHigh-Low Matic(ハイローマティック)と同じく、
自動売買が禁止されているトレード会社で使用するツール。

過去にも同じような使用不可のツールを販売している点から、
この時点ですでに信用ができない人物という判断ができるかもしれません。

againは更に「特定商取引に基づく表記」の用意もありませんでした・・・

インターネット上の評判も悪く、実際に成果をあげることができない、
むしろ口座凍結のペナルティを食らってしまうようなツールを販売している人物ですので、

「誰でも」「パソコンを起動させるだけ」「15万円を確約」

というような甘い誘い文句に騙されないように注意が必要です。

バイナリーオプションやFXに詳しい方でしたら、内容を見ただけで詐欺という判断ができるかもしれませんが、
この手のツールのページの特徴として、ターゲットを初心者に絞っていることが多々あります。

難しいワードを並べていかにも稼げるような文句を並べ、
さらに具体的な金額を挙げ、いとも簡単に稼げるというような内容にまとめていることがやり口です。

メリットばかりが目に付くページでツールの購入へ誘導してきますが、
シンプルに考えてバイナリーオプションで「〇万円を確約」ということはあり得ないことであり、

絶対に稼げると謳うこと自体、無責任な内容となりますので、
特にバイナリーオプション初心者の方は注意しましょう。

藤田守 High-Low Matic(ハイローマティック)に関しての結論!

 

結論としては、藤田守氏の High-Low Matic(ハイローマティック)
は決してオススメできるツールではありません。

そもそも自動売買を禁止されているトレード会社での使用ですので、
口座凍結となるだけでなく、追い打ちをかけるように、
ツール自体の利用料を請求してくるというやり口。

バイナリーオプション自体リアルタイムで売買できる面白みのある投資方法となっているので、
自身の判断で取引すること自体は全く問題ありませんが、

High-Low Matic(ハイローマティック)の利用に関しては、
残念ながらデメリットしかなく、むしろ口座凍結のリスクが付きまとうツールとなっていました。

これは絶対に手出ししてはいけないツールです。

**********************************************************
最後まで記事をお読みいただきありがとうございます。
今後も価値のある記事を投稿していこうと思います。

また、けんいち公式LINE@の友だち追加してくださった方に
FX自動売買ツールをお渡しします!

LINE@友だち追加はこちらから!

友だち追加

QRコードからも追加することができます。