小塚崇彦が夜遊び離婚へ!大島由香里が諦めた浮気グセの真相とは?

エンタメ

フィギュアの小塚崇彦さんの夜遊びが原因で
嫁の大島由香里さんが離婚を決意したと報じられ話題となっています。

あの小塚崇彦さんが浮気?と半信半疑で調べてみると、
出てきたのは呆れる夜遊びの数々でした。

小塚崇彦さんに惚れこみ、
浮気グセを知りながらも結婚した
嫁の大島由香里さんが遂に音をあげ諦めの境地となった
旦那の小塚崇彦さんの浮気についてまとめてみました。

 

小塚崇彦が夜遊び離婚の文春砲!

フィギュアスケート界のサラブレッドでクリーンなイメージのある小塚崇彦さんに文春砲がさく裂しました。

事の始まりは、12月3日にスポーツニッポンのスクープで、小塚崇彦さんと大島由香里さんが多忙によるすれ違いを原因として現在、別居をしていて年内にも離婚が成立すると報じました。

別居報道を受け小塚崇彦さんはブログで大島由香里さんと話し合いを重ねていることを明かし、報道について否定はしていませんでした。

そんな中、13日発売の週刊文春が、小塚崇彦さんの夜遊び三昧の様子をスクープしました。

3日の別居報道を受けて、小塚崇彦さんの夜遊びグセの噂を聞きつけた週刊文春が、小塚崇彦さんに張りついてみたところ、びっくりするくらい簡単にその証拠が撮れてしまったということのようです。

まずは小塚崇彦さんと大島由香里さんの簡単なプロフィールを見ていきたいと思います。

小塚崇彦のプロフィール


小塚崇彦インスタグラム

名前:小塚崇彦(こづかたかひこ)

生年月日:1989年2月27日

年齢:29歳

出身地:愛知県名古屋市

身長/体重:170㎝/62㎏

職業:プロフィギュアスケーター

所属クラブ:トヨタ自動車

家族:

祖父-小塚光彦(旧満州のフィギュアスケートチャンピオン、愛知県スケート連盟、オリオンFSCの創設者、山田満知子の育ての親)

父親-小塚嗣彦(1968年グルノーブル五輪 日本代表)

母親-小塚幸子(旧姓・坂野、フィギュアスケート選手)

学歴:中京大学付属中京高等学校、中京大学体育学部、中京大学大学院体育学研究科体育学専攻博士前期課程修了

経歴:

2010年(21歳) バンクーバー五輪 日本代表

2011年(22歳) 世界選手権 銀メダリスト

2014年(25歳)ソチ五輪落選(全日本で3位となるも5位の高橋大輔が代表に選ばれる)

2016年(27歳) 2月に大島由香里さんと結婚、3月末日で現役引退しプロフィギュアスケーターへ

大島由香里のプロフィール


大島由香里公式LINEブログ

名前:大島由香里(おおしまゆかり)

生年月日:1984年1月24日

年齢:34歳

出身地:神奈川県平塚市

身長:165㎝

職業:フリーキャスター

所属事務所:スターダストプロモーション

学歴:湘南白百合学園小学校、湘南白百合学園中学・高等学校、成城大学経済学部卒業

経歴:

2007年(23歳) フジテレビ入社

2015年(31歳)小塚崇彦さんとの婚約を発表

2016年(32歳)2月に小塚崇彦さんと結婚

2017年(33歳)4月25日に 第1子の長女・樺子(かこ)ちゃん出産、12月末日でフジテレビを退社しフリーキャスターへ

長女のかこちゃんは旦那の小塚崇彦さんそっくりですね。


大島由香里公式LINEブログ


大島由香里公式LINEブログ

動くかこちゃんもめちゃ可愛いです。

小塚崇彦さん似の可愛い娘も誕生した2人の馴れ初めは、2010年のバンクーバー五輪でした。

小塚崇彦と大島由香里の馴れ初めから現在は?

馴れ初めは大島由香里が小塚崇彦に惚れこんだ!

2人の馴れ初めは小塚崇彦さんが日本代表となった2010年のバンクーバー五輪で、元々、フィギュアが大好きだった大島由香里さんはレポーターとして取材する小塚崇彦さんの演技を見て大ファンとなり交際に発展していきました。

2016年2月20日に結婚後、当初は、名古屋を拠点とする小塚崇彦さんと東京でフジテレビアナウンサーとして活躍する大島由香里さんは別居婚でしたが、2017年4月に長女の樺子(かこ)ちゃんを出産したのを機に大島由香里さんはフジテレビを退社し、小塚崇彦さんを支えるため名古屋に引っ越して2018年から名古屋市内のマンションで家族3人で暮らしていました。

7月「深イイ話し」、10月「あいつ今何してる」でテレビ共演していたのに・・

今年の7月には日テレの「深イイ話し」で小塚崇彦さんと大島由香里さんの仲睦まじい様子が紹介されていました。

10月にはテレ朝「あいつ今何してる?」で夫婦共演もしていました。

大島由香里が諦めた小塚崇彦の浮気グセとは?


小塚崇彦インスタグラム

小塚崇彦さんの夜遊びが始まったのは最近のことではなく、大島由香里さんと結婚する前の2014年からでした。

そのきっかけは、小塚崇彦さんが全日本で3位と健闘するも2014年のソチ五輪の代表に選ばれたのは5位だった高橋大輔選手でした。

そこで、表現力を身に付けるようにと父親が紹介したダンサーに連れられてクラブに通うようになったのがきっかけだったといいます。

小さいころから真面目にフィギュアスケート人生を歩んできた小塚崇彦さんは、クラブデビューをきっかけに、付き合う友達も変わり、夜遊びの快楽にハマっていったということなのでしょうか。

文春では小塚崇彦さんの夜遊びや浮気話しとしていくつかの例を挙げています。

・大島由香里さんが産後4か月でげっそりしている時に、名古屋のモデルとクルーズ船で乱痴気騒ぎをしていた

・ダンスクラブのVIP席でシャンパンを開ける常連

・小塚崇彦のカバンやポケットから10万円のキャバクラや出会い系バーの領収書やキャバ嬢の名刺が出てきた=キャバクラや出会い系バーに頻繁に出入りしている

ネットの掲示板でも小塚崇彦さんの浮気の様子が漏れ伝えられていました。

まさか小塚崇彦さんに限って嘘だろうを見ていたわけですが、やっぱりこれ本当かもと思わざるを得ないですね。

大島由香里さんが叱ると、小塚崇彦さんは「ごめんなさい」と反省するそうなのですが、暫くするとまた懲りずに夜遊びするようになるんだとか。

今年の7月には名古屋のビジネスホテルの領収書が出てきたそうで、名古屋市内に住んでいるのに何でホテルに泊まったの?とそりゃ、問い詰めたくなりますよね。

しかも領収書を隠すことなく出してしまうのは、やましいことが無いからなのか、それとも根本的な考えた方が違うのか。

小塚崇彦さんとしては夜の接待はスポーツ選手を続けていくにあたってのタニマチへ対応であったり、今後、スポンサーとなってくれる人との出会いや関係を深める場なので、仕事の一環と言うことのようですが、

悩み悩んだ大島由香里さんはとうとう匙を投げてしまい、10月に娘のかこちゃんを連れて家を出て別居状態となったとのことです。

そして今回、12月3日に別居報道が出た後なのに、早速、周囲の人から見ると夜遊びと取られかれない現場を主観文春に撮られることとなりました。

本当にやましいことは無いのかもしれないですが、嫁の立場からしたら、もう少し配慮してくれてもいいんじゃない、と思う日々が積み重なった結果なのでしょう。

天真爛漫のサラブレッドの旦那、そしてスポンサーが必要なスポーツ選手を旦那に持つのは相当の覚悟と我慢が必要ということなのでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました