飯干昌大(まさひろ)宮崎高千穂事件の犯人の顔画像や動機、被害者家族の情報は?

事件
スポンサーリンク

宮崎県高千穂町押方の飯干保夫さんの自宅民家で、6人の男女の遺体が発見された事件が話題となっています。

被害者家族の名前や行方不明の息子(次男)の飯干昌大(いいほしまさひろ)さんが犯人なのか、動機と思われる嫁や家族とのトラブルについて情報をまとめました。

スポンサーリンク

宮崎県高千穂町民家で6人の殺人事件!

宮崎県高千穂町押方の飯干保夫(いいほしやすお)さんの自宅民家で、男女6人の遺体が発見されました。

事件が発覚したのは26日午前11時ごろで、
宮崎県内に住む親族から「飯干さん宅が電話に出ない」との通報で、駆けつけた警察官が飯干さん宅で亡くなっている6人を見つけました。

亡くなった遺体にはナタで襲われた痕や首を絞められた痕があり、宮崎県警は殺人事件として捜査を開始し、事件後、行方不明となっている保夫さんの次男の飯干昌大(いいぼしまさひろ)さんの捜索をしていました。

同日4時ごろ、高千穂町内の神都高千穂大橋下の五ヶ瀬川から男性の遺体がみつかり、現場の状況から自殺とみられ、昌大の可能性が高いとのことです。

宮崎高千穂事件の被害者は?事件は早朝に起きたのか

飯干保夫さん宅には保夫さん夫婦と次男の昌大さん家族4人の合計6人が住んでいました。

・飯干保夫(いいほしやすお)さん(72歳)

牛の生産をしながら茶や米、シイタケなどを作る農業や林業を営んでいた。(屋内で遺体で発見される)

・飯干実穂子(いいほしみほこ)さん(66歳)

飯干保夫さんの嫁(屋外の倉庫の近くで遺体で発見される)

・飯干昌大(いいほしまさひろ)さん(42歳)

飯干保夫さんと実穂子さんの子供(次男)で五ヶ瀬川で遺体で発見される。

宮崎県五ヶ瀬町の木材会社で運転手として働いていた。

・飯干美紀子(いいほしみきこ)さん(41歳)

飯干昌大さんの嫁でパート従業員(屋内で遺体で発見される)

・飯干拓海(いいほしたくみ)さん(21歳)


facebook.com

飯干昌大さんと美紀子さんの子供(長男)で建設会社の会社員(屋内で遺体で発見される)

・飯干唯(いいほしゆい)ちゃん(7歳)

飯干昌大さんと美紀子さんの子供(長女)で押方小学校に通う小学2年生(屋内で遺体で発見される)

ーーーー

・松岡史晃(まつおかふみあき)さん(44歳)

昌大さんの知人で隣町の五ヶ瀬町で農業を営んでいた。(屋内で遺体で発見される)

 

飯干保夫さん宅で見つかった遺体は、飯干保夫さんと実穂子さん夫婦、次男の昌大さんの嫁の美紀子さん、そして昌大さんと美紀子さんの子供の拓海さんと唯さんの5人、

あと1人は、昌大さんの小学校時代からの友人の松岡史晃さん44歳の合計6人です。

26日は平日で小学校があったにもかかわらず、小学生の唯ちゃんは学校に登校していませんでした。

唯ちゃんの通う押方小学校は全校児童数46人の小さな学校で、唯ちゃんを含む2年生は全員女の子の5人だったとのこと。

登校時間の午前8時10分を過ぎても唯ちゃんが来なかったため、担任の先生が保護者に連絡をしたところ繋がらなかったとのことです。

長男の拓海さんは、高校卒業後、熊本で働いていましたが、熊本地震後、地元で働きたいと宮崎に戻り、現在の勤務先である建設会社に入社しました。

今朝は初めて無断で出社しなかったとのことです。

それらの状況から事件は25日夜から26日朝までに起きていたことが推測されます。

飯干昌大(まさひろ)が犯人で自殺か?動機は何

飯干保夫さんの次男の飯干昌大さんは、仕事は地元五ヶ瀬町の木材会社で運転手をしていて、会社の関係者は昌大さんの性格について「真面目で誠実で仕事熱心」と語っていて、会社近くのガソリンスタンドの従業員も「人当たりのいい人」だったと話しています。

事件発覚の前日25日まで、飯干昌大さんは、嫁の美紀子さんと娘の唯さんとともに、会社の1泊2日の忘年会を兼ねた社員旅行に参加していて、夕方に自宅に帰ってきました。

その夜に何があったのでしょうか。

知人の松岡史晃さんはこの日の夜、地元の消防団の忘年会に参加していましたが、昌大さんに呼び出されて、忘年会を抜け出して、飯干さん宅を訪れていました。

飯干昌大さんは夫婦間のトラブルがあったとのことで、知人の松岡史晃さんがそのトラブルに関わっていたことが推測されます。

飯干昌大さんは会社関係や周囲の人によると良い人の印象を受けますが、家族の間では少し違っていたようで、日頃、母親から生活態度を注意されていて不満を募らせていたといいます。

犯人が息子の飯干昌大さんだとすると、犯人と被害者全員が亡くなっているため、何があったかの全容を知る者はおらず、証拠から推測することしかできなくなりそうです。

分かっている事実から推測してみると、

嫁の美紀子さんと娘の唯さんは首をしめられて亡くなっていて、母親の実穂子さんは首がせつ断されていたとのことで、母親へのより強い恨みがあったことが伺えます。

26日未明の夜中の就寝中に嫁や子供に手をかけ、その後、両親をあやめたということなのでしょうか。

ネットでは、飯干昌大さんと美紀子さんの2人の子供が長男は21歳、長女は7歳と年齢が離れていることから、長女の唯ちゃんは不倫で出来た子供ではないか、との推測が上がっています。

自分の子供ではなく不倫の子供と疑った昌大さんとの間で夫婦げんかとなったのではないか、とのことです。

その相手が、松岡史晃さんなのか、それとも共通の知人で松岡史晃さんは仲裁に入っただけなのか、仲裁に入っただけだとしても事実を知っているのならなぜ不倫を止めなかったのかと昌大さんに逆恨みされたことも考えれます。

また一節には、不倫トラブルは嫁の美紀子さんの方ではなく、昌大さんの女性関係との話しが出ています。

息子の拓海さんもイケメンですし、昌大さんは42歳と言えどモテていたのかもしれないですね。

昌大さんが母親から生活態度を改めるように注意されていたのも女性関係についてだったことが考えられます。とは言え、それがなぜ、家族全員をあやめるまでに激昂してしまったのか、そこはやはり謎です。

事件後、飯干さんが使っていた軽乗用車が現場の自宅民家から2.4キロ離れた道の駅の駐車場でみつかっており、その近くの神都高千穂大橋下の五ヶ瀬川でうつ伏せで浮いている男性の遺体が発見されました。

状況から橋から飛び降りた自殺と見られ、飯干昌大(いいぼしまさひろ)さん(42歳)の遺体であることが27日確認されました。

男性が飛び降りたところの目撃情報もあるとのことなので、誰かに突き落とされたのではなくて自ら飛び降りた可能性が高いとのことです。

日頃ネチネチと注意されることに激昂して犯行に走ってしまったものの、罪の重さに妙らえず自ら命をたったということなのでしょうか。他の解決方法がなかったのか、残念な事件です。

タイトルとURLをコピーしました