宮崎高千穂民家の殺人事件現場画像!場所や被害者家族,犯人の情報は?

事件
スポンサーリンク

宮崎県高千穂町押方の
飯干保生(いいほしやすお)さんの自宅民家から
子供を含む男女6人家族の遺体が見つかったことが報じられました。

遺体発見現場となった民家の画像や場所、
被害者家族や犯人の情報についてまとめました。

スポンサーリンク

神話の里・高千穂町で殺人事件!

静かな神話の町、高千穂が殺人事件で話題となっています。

宮崎県警が、
11月26日午前11時ごろ、

宮崎県高千穂町押方の飯干保生さん宅の民家の屋内と屋外で、
男性3人、女性3人の計6人の遺体を発見しました。

そして、

民家から2キロほど離れた神都高千穂大橋の真下から
飯干保生さんの息子の昌大(まさひろ)さんの遺体が見つかりました。

現場の状況から、
飯干昌大さんが犯人で、
事件後、自殺をしたものと推測されています。

動機については、
飯干昌大さんと嫁の美紀子さんの間では夫婦間のトラブルがあったとのこと。

具体的には不倫トラブルとのことです。

宮崎・高千穂町押方の事件現場の場所はどこ?

6人の遺体が見つかった事件現場の民家の画像がこちらになります。


宮崎日日新聞

現場は高千穂役場から南西におよそ3キロ離れた山間で、13の住宅が点在する集落で、

民家の住所は宮崎県西臼杵郡高千穂町押方2031で、こちらがその場所の地図になります。

飯干さんの次男の遺体が見つかった神都高千穂大橋と自宅の航空写真がこちらになります。

現場となった高千穂町押方は、
大部分が山間部の静かな田んぼの広がる田舎町での大事件の発生です。

高千穂・殺人事件の犯人は息子?被害者家族について

被害者は、飯干保生(いいぼしやすお)さん家族と、息子の昌大さんの知人の男性です。

屋外で保生さんの嫁の女性1人、
屋内に男性3人と女性2人の

計6人の遺体が見つかっています。

亡くなったのは、

・飯干保夫(いいほしやすお)さん(72歳)

牛の生産をしながら茶や米、シイタケなどを作る農業や林業を営んでいた。(屋内で遺体で発見される)

・飯干実穂子(いいほしみほこ)さん(66歳)

飯干保夫さんの嫁(屋外の倉庫の近くで遺体で発見される)

・飯干昌大(いいほしまさひろ)さん(42歳)

飯干保夫さんと実穂子さんの子供(次男)で大橋の下で遺体でみつかる。

宮崎県五ヶ瀬町の木材会社で運転手として働いていた。

・飯干美紀子(いいほしみきこ)さん(41歳)

飯干昌大さんの嫁でパート従業員(屋内で遺体で発見される)

・飯干拓海(いいほしたくみ)さん(21歳)


facebook.com

飯干昌大さんと美紀子さんの子供(長男)で建設会社の会社員(屋内で遺体で発見される)

・飯干唯(いいほしゆい)ちゃん(7歳)

飯干昌大さんと美紀子さんの子供(長女)で押方小学校に通う小学2年生(屋内で遺体で発見される)

ーーーー

・松岡史晃(まつおかふみあき)さん(44歳)

昌大さんの知人で隣町の五ヶ瀬町で農業を営んでいた。(屋内で遺体で発見される)

遺体発見現場となった民家は、
周りの住宅に比べて大きめの家屋です。

飯干さん宅はお金には苦労をしていなかったとのことで、
動機は金銭トラブルではないとのこと。

スポンサーリンク

高千穂・殺人事件の犯人は誰で動機は?

現場の状況から、
事件の犯人は飯干保生さんの息子の昌大さんと推測されています。

動機は嫁の美紀子さんとの不倫トラブルで、ここ数か月の間、知人の松岡史晃さんが仲裁に入っていたのだそうです。

事件前日の25日まで、
飯干昌大さんは、嫁の美紀子さんと娘の唯さんと3人で、
務めている会社の忘年会を兼ねた1泊2日の社員旅行に参加していました。

会社の人によると、家族はとても仲が良く、事件に驚いているとのことです。

その夜、何があったのでしょうか?

25日の夕方に飯干昌大さんら家族3人は自宅に戻ってきました。

そして、その日、

知人の松岡史晃さんは地元の消防団の忘年会に出席していましたが、
昌大さんから呼び出され、忘年会を抜け出して、
昌大さん宅を訪れたのでした。

そして、帰らぬ人となってしまいました。

ネットでは昌大さんの子供の拓海さんと唯さんの年齢が21歳と7歳と14歳も離れていることから、唯さんが昌大さんの子供ではなく、不倫でできた子供ではとの憶測も上がっています。

飯干昌大さんが犯人だとすると、自分の子供もあやめているため、動機を考えるとそれもありえるのかと思ってしまいますね。

タイトルとURLをコピーしました