近江良兼(よしかね)の顔画像と自宅住所や家族(嫁)の情報まとめ!逮捕で残りの人生は刑務所暮らしか?

事件
スポンサーリンク

横浜の大口商店街で起こった
通り魔事件の犯人として、
近江良兼(よしかね)容疑者が逮捕されました。

逮捕のニュースに近隣住民の方は
ホッとしたことと思いますが、
驚くべきことに逮捕された犯人は、
71歳の杖がないと歩けない男性でした。

近江良兼(よしかね)容疑者が
どんな人物であるのか。

報じられている自宅住所や、
嫁などの家族(嫁)の情報について、
まとめてみました。

71歳で逮捕となった近江良兼(よしかね)容疑者は、
残りの人生は刑務所で過ごすことになりそうです。

スポンサーリンク

近江良兼(よしかね)が逮捕!【顔画像】

近江良兼(よしかね)のプロフィール・家族

名前:近江良兼(よしかね)

年齢:71歳

職業:無職

定年まで鉄工所勤務(知人談)

家族:嫁と2人暮らし(知人談)

特徴:杖をついている

横浜の通り魔事件犯人として逮捕された近江良兼容疑者は、

年齢が71歳で、
職業は定年で無職とのことなので、
年金暮らしということですね。

数年前に脳梗塞を起こしてからは、
仕事を辞め、杖が必要になったとのこと。

近隣住民によると、
近江良兼容疑者は寡黙で真面目な性格で、
町内会で元役員も務めていました。

家族は嫁との2人暮らしで、
奥さんはパートの仕事をするなど
近江良兼容疑者を献身的に支えていて、

近江良兼容疑者も、
そんな奥さんに対して、
パートから帰ってくると、
いつも玄関で出迎えるなど
2人の仲は良かったとのことです。

奥さんからは、
好きな酒を控えるように注意されていましたが、
時々、隠れて楽しんでいたとのことです。

定年離婚が話題となる中で、
事件を起こすまでは、
周囲からは、
理想的な夫婦に見えたのではないでしょうか。

近江良兼(よしかね)の自宅住所はどこ?

近江良兼容疑者の自宅住所は、
犯行現場から700mほど離れた場所の一軒家です。

700mの距離というと、
普通の人であれば徒歩10分ほど、
歩くのに杖の必要な近江良兼容疑者の場合は、
徒歩15分以上はかかりそうです。

犯行があった時間は午前3時、

そんな時間帯に刃物をもって、
15分以上もかけて、
人気のない商店街に向かったのは、
計画的犯行だったといえるかと思います。

それでは、
近江良兼容疑者の罪は、
どれくらいのものになるのでしょうか。

スポンサーリンク

近江良兼(よしかね)逮捕で残りの人生は刑務所暮らしか?

近江良兼容疑者は、
犯行動機について、
「お金が目的だった」と
供述していて、

「強盗殺人未遂」

で裁かれることになるようです。

被害者が亡くなった場合は、
刑罰として、
死刑や無期懲役となる重さで、

今回は、
被害者が亡くなっておらず未遂となりますが、

計画的犯行であったことや、
刃物を持っていたことによる銃刀法違反、

被害者側にはなんの落ち度もなかったことや、
通り魔という社会的影響を考慮に入れると、

懲役12年の求刑となるのではとのことです。

近江良兼容疑者が71歳の年齢であることを考えると、
残りの人生は刑務所で送ることになりそうです。