木津いぶきさん父親の和菓子店の名前や場所どこ?木津屋の店主が犯人か【東京荒川区東尾久】

事件
スポンサーリンク

7月7日、女子大生の木津いぶきさん(18歳)が父親が経営する和菓子店の冷蔵庫の中で亡くなっているのが発見されました。

東京荒川区東尾久の和菓子店の名前や場所はどこなのでしょうか。

「和菓子店」「冷蔵庫」「女子大学生」と、小説よりも奇なりな事件について調べてみました。

スポンサーリンク

和菓子店の冷蔵庫に女子大学生の遺体

和菓子店の冷蔵庫内で女子大学生死亡 父親と連絡取れず | NHKニュース
7日未明、東京荒川区の和菓子店の業務用冷蔵庫の中で18歳の女子大学生が死亡しているのが見つかりました。この店を経営する父…

事件が起こったのは、東京・荒川区東尾久8丁目の和菓子店で、7月7日午前0時50分ごろ、和菓子店の業務用の冷蔵庫から女子大学生の遺体が発見されました。

亡くなったのは、和菓子店の店主の娘で、18歳の大学生、木津いぶきさんです。

父親で和菓子店の店主である40代の父親の行方がわからなくなっています。

木津いぶきさんの父親の和菓子店の名前や場所はどこ?

和菓子店の名前は「木津屋」

住所は、「東京都荒川区東尾久4丁目33-7」

明治神宮献上の銘菓「栗羊羹」や「カステラ」が有名な和菓子店です。

場所の地図がこちら

「木津屋」は、赤土小学校駅前にある和菓子店で、食べログの評価は3.13

菓匠 木津屋 (赤土小学校前/和菓子)
★★★☆☆3.13 ■予算(昼):~¥999

「ご夫婦の丁寧な接客はもちろん、一つ一つがとても丁寧な味」

「価格は下町価格ですが、味はとても丁寧でおいしい」

夏場は水ようかん・水大福・みずまんじゅう、冬場は栗蒸しようかん、カステラ、栗どら焼きなど、季節の和菓子も楽しめるんだとか。

犯人は木津いぶきさんの父親か?

捜査にあたっている尾久署によると、6月6日午後6時半ごろ、

木津いぶきさんの弟から「父が自殺しようとしている」と110番通報があり、

その後に父親から「娘を菓子屋で切った」と自宅に電話があったとこのことです。

そして、父親を探している捜査員が、和菓子店の業務用冷蔵庫の中から、娘で大学1年生の木津いぶきさんの遺体を見つけました。

木津いぶきさんの首には絞められたような痕があったとのことです。

自殺をしようとしていた父親を止めようとして、木津いぶきさんは殺されてしまったのでしょうか。

父親はどこかで自殺している可能性も高いですが、何故、娘を殺してしまったのか、自首してその動機を明かし、罪を償ってもらいたいですね。

ネットの反応

タイトルとURLをコピーしました