内田慎也【顔画像】中学校は群馬新島学園!高崎の監禁場所はどこ?

事件
スポンサーリンク

6月25日(火)、群馬県高崎市で中2の女子中学生を車に監禁したとして内田慎也(うちだしんや)容疑者(27歳)が現行犯逮捕されました。

内田慎也容疑者の勤務先の中学校はどこなのか、真面目と言われる教師の顔画像、そして、担任教師がなぜ、教え子を自宅から無理矢理連れ出し車に監禁したのかの動機まで見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

内田慎也の中学校はどこ?新島学園と特定!

27歳の担任の教師が教え子の中2の女子中学生を自宅から無理矢理連れ出し、自身の車に監禁するという驚きの事件が起きました。

内田慎也容疑者が勤務する群馬県西部の安中市の私立の中学校はどこなのでしょうか?

群馬県安中市の新島学園中学校と特定できました。

新島学園中学校・高等学校
住所:〒379-0116 群馬県安中市安中3702

新島学園中学校は、キリスト教の精神を教育の基盤とした私立の中高一貫校。

偏差値は45と、それほど高くなく、校風は自由で、身だしなみ検査があるものの、スマホの持ち込みもOKで校則は緩いようです。

新島学園の「新島」は、同志社大学を設立した新島襄(にいじまじょう)に由来し、学園の創設者は、新島襄の精神を基盤とする中学校を、新島襄ゆかりの地である群馬県安中市に設立したとのこと。

その精神は「一国の良心ともいうべき人物を養成する」というものだそうで、学園教師のとんでもない行いに、新島襄も草葉の陰で泣いていることでしょう。

内田慎也の顔画像!真面目な数学教師だった?

内田慎也容疑者の顔画像がこちら。

内田慎也のプロフィール

名前:内田慎也(うちだ しんや)

年齢:27歳

現住所:群馬県高崎市寺尾町

学歴:群馬大学教育学部卒業

勤務先:新島学園中学校・高等学校

内田慎也容疑者を知る人物によると、3年前に新島学園で働き始め、教科は数学を担当し、監禁した中2の女子中学生のクラスの担任でした。部活はテニス部の顧問です。

内田慎也容疑者について、新島学園中学校の教頭の評価は「誠実な先生」だったそうで、その本当の姿にはちっとも気づいていなかったようです。

高崎の監禁場所はどこ?自宅近くの自然の森か

それでは、内田慎也容疑者が女子中学生を監禁していた群馬県高崎市寺尾町の山林の場所はどこなのでしょうか。

発見場所とされる映像の中に「自然の森」利用は午後4時までです、との看板が見えます。

群馬県高崎市寺尾町の「自然の森」とは、「観音山ファミリーパーク 自然の森」のことでしょう。

観音山ファミリーパーク 自然の森
住所:〒〒370-0865 群馬県高崎市寺尾町1064-30

自然の森は、観音山ファミリーパークの東側にある里山で、自然の中をのんびり散策することができるんだとか。

内田慎也容疑者の自宅が自然の森がある高崎市寺尾町なので、勝手知ったる場所だったのでしょう。

内田慎也が監禁した動機はわいせつ目的!

担任の教師が、クラスの女子中学生を連れ去り監禁した動機は何なのでしょうか?

内田慎也容疑者は「女子中学生に一方的に好意を抱いていた」と話していて、つまりはわいせつ目的の計画的連れ去りでした。

当初、ネットで囁かれていたSNSで知り合った説はまったくのでたらめな想像でした。

家出ではとの推測も、発見当時、少女は靴を履いておらず、自宅の部屋は家具が倒れるなど荒らされていたことからも、合意ではなく、無理矢理連れ出されたのでした。

内田慎也容疑者は、犯行前に通販で包丁やスタンガンをなどの凶器を購入し、連れ去りにはスタンガンを使ったとのこと。

事件当日、中学校は期末試験期間中のため、女子生徒は午前11時頃には帰宅して、自宅には一人でした。家には鍵がかかっていましたが、宅配業者が訪れたことで、女子生徒は荷物を受け取るため玄関を開け、その後、鍵がかかっていないタイミングを狙い、内田慎也容疑者は侵入したのでした。

女子中学生の家の前で玄関の開くタイミングをずっと待っていたということです。

さらには、森の中で発見された時、少女の首には圧迫した痕があり、両目は内出血していて、首をしめられた可能性が高いとのこと。わいせつ目的で連れ去ったものの、女子中学生を発覚を恐れて亡き者にしようとしたのでしょうか。

内田慎也容疑者が教師になったのは、好意の対象である女子中学生と出会えることができるからだったのでしょうか。どんな目で生徒をみていたのか、ぞっとする事件です。

タイトルとURLをコピーしました