貴ノ岩が貴大将に暴行で引退か?性格がわがままで態度不良の過去があった!

事件
スポンサーリンク

貴ノ岩が付け人の貴大将に12月4日の夜に暴行を加えたことが発覚し話題となっています。

貴ノ岩への暴行事件で元横綱日馬富士は引退に追い込まれましたが、加害者となった貴ノ岩へはどんな処分が下されるのでしょうか。

これまで被害者であったことで貴ノ岩について悪く言う人はあまりいませんでしたが、今回の貴大将への暴行事件をきっかけに、貴ノ岩のわがままで人使いが荒い性格や、これまでにも弟弟子や付け人に対して手を出していた態度不良があったことが囁かれ始めています。

スポンサーリンク

貴ノ岩が付け人の貴大将に暴行で被害者から加害者へ

貴ノ岩が暴行…日馬事件から1年 被害者一転加害者に - スポニチ Sponichi Annex スポーツ
 大相撲の東前頭6枚目・貴ノ岩(28=千賀ノ浦部屋)が4日夜に巡業先の福岡県行橋市内の宿舎で付け人の三段目・貴大将(23)に暴行をはたらいたことが5日、分かった。貴ノ岩は日本相撲協会の聴取に対し、暴行の事実を認めた。被害者だった昨秋の元横綱・日馬富士による暴行事件を受け、同協会が暴力根絶へ動く最中に今度は自ら加害者とな...

「貴ノ岩の自覚の無さ」

12月6日、貴ノ岩関が所属する千賀ノ浦親方は今回の事件がなぜ起こったかの質問にこう答えました。

昨年10月に発覚した元横綱の日馬富士による暴行事件の被害者となった貴ノ岩関が、まさかの自らが加害者となり付け人への暴行事件を起こしていたことが明らかとなりました。

12月4日の夜、貴ノ岩関は付け人の貴大将を伴って冬巡業先の福岡で支援者と飲酒の席についていました。

そして、事件は、福岡の宿泊先のホテルに戻った貴ノ岩関の部屋で2人きりの時に起こりました。

きっかけは、貴ノ岩関の財布を忘れてしまい、そのことを咎められた貴大将が言いわけをしたため平手とこぶしで4、5発殴る暴力を加えたことを貴ノ岩関は認めています。

翌朝、貴大将はイヤになってしまったのか、自分がいると迷惑をかけてしまうと朝8時頃から始まる冬巡業の準備の場に姿を現さず、東京に戻ろうと外を彷徨っていたところ、仲間から携帯で連絡が来て、とりあえず戻ってこいとのことで戻ると、顔が腫れていて、どうしたんだとの事情を聞かれ、「貴ノ岩関に殴れた」ことを明かしたのでした。

暴行事件が発覚となり、被害者の貴大将と加害者の貴ノ岩関は、別の便で東京に戻り現在に至っています。

12月5日には貴ノ岩関の、6日には貴大将に対して相撲協会の聞き取り調査が行われました。

貴ノ岩のプロフィール

名前:貴ノ岩義司(たかのいわ よしもり)

本名:アディヤギーン・バーサンドルジ

生年月日:1990年2月26日

年齢:28歳

出身地:モンゴル国ウランバートル市

家族:母(死別)、父(死別)、兄3人、姉1人

身長:体重:182㎝ / 150㎏

学歴:鳥取城北高校・相撲留学

所属部屋:貴乃花 → 千賀ノ浦

初土俵:2009年1月場所

入幕:2014年1月場所

最高位:西前頭2枚目

貴ノ岩関は、モンゴルのウランバートル出身で、5人兄弟の末っ子として誕生し、子供の頃テレビで生中継されていた大相撲放送の貴乃花の姿に憧れを抱きます。

8歳の時に母親が心臓病で亡くなり、中学卒業後、日本行きを決意し、鳥取城北高校相撲部の選抜テストに合格し相撲留学を果たします。来日3カ月後には父親が肝臓癌で亡くなり、貴ノ岩関は、一家のために相撲のプロになることを誓い、憧れの貴乃花親方に真摯な態度が認められ、それまで日本人しか弟子を取らなかった貴乃花部屋に高校卒業と同時に入門を認められます。

貴乃花親方の期待に応え貴ノ岩関は、2012年、貴乃花部屋創設8年余りにして初の関取となりました。

貴乃花親方にとって貴ノ岩は一番弟子であり、両親を亡くした貴ノ岩の親代わりとしてこれまで面倒を見てきた特別の存在でした。

昨年10月に起こった元横綱の日馬富士による暴行に際し、相撲協会に戦いを挑んだのも貴ノ岩への愛情あってのこそのことでした。

一方、モンゴル勢力士と一口に行っても、旭鷲山が第一世代、白鳳や日馬富士が第二世代、そして、貴ノ岩は、玉鷲、荒鷲、逸ノ城らと合わせて第三世代になるのだと言います。

昨年10月の日馬富士が貴ノ岩に暴行を加えたきっかけは、貴ノ岩が「もうあなたたちの時代ではない。これからは自分たちが…」と話したことだと言います。

それに対し兄弟子への挨拶など生活態度を改めるよう話し始めた日馬富士の目の前で、貴ノ岩はスマホが鳴ると平気でスマホを見てしまう態度を取ったため、日馬富士は口だけでは分からないと手を出してしまったのでした。

引退会見で日馬富士は貴ノ岩への謝罪の弁を述べるとともに、「これから礼儀と礼節を忘れず、ちゃんとした生き方をして頑張っていただきたい」とエールを送っていました。

今更ながらにこの時の日馬富士の言葉が重く感じられます。

スポンサーリンク

貴大将のプロフィール

名前:貴大将 柊斗(たかたいしょう しゅうと)

本名:松木柊斗(まつきしゅうと)

生年月日:1995年6月15日

年齢:23歳

出身地:東京都中央区

家族:母親、兄、母親の従兄弟が松木安太郎

身長・体重:174㎝ / 119㎏

学歴:東京都中央区立日本橋中学校

所属部屋:貴乃花 → 千賀ノ浦

初土俵:2011年5月

最高位:三段目79枚目

ツイッター:貴大将柊斗(松木柊斗)

貴大将は、曽祖父が大正時代に葵龍のしこ名で十両となった力士の松木喜一郎さんで、その遺伝もあるのか、小さいころから相撲一筋の人生でした。

相撲取りになろうと思ったきっかけは、小学4年生の時に初めて出場した地元中央区のわんぱく相撲大会で優勝したことでした。

地元の日本橋中学校を卒業と同時に恩師の紹介で、2011年2月、15歳で貴乃花部屋に入門を果たします。

貴大将は、ごく最近まで大相撲九州場所で優勝した貴景勝の付け人でした。

ツイッターにはファンが撮った貴景勝と貴大将の仲の良い画像をたくさん見ることができます。

今回、貴大将が貴ノ岩関の付け人となったことで心配していたのが貴大将の兄でした。

貴大将の兄は貴ノ岩関の性格を心配していた

貴大将のお兄さんによると、
貴大将は一番最初は、
貴ノ岩関の付け人をしていましたが、

その後、貴景勝関の付け人となり、

今回、再び、貴ノ岩関の付け人となりました。

過去に貴ノ岩関の付け人をしていた時に、
弟の貴大将から、
貴ノ岩関の付け人は大変という話を聞いていたのだそうです。

貴ノ岩関の性格は、
わがままで人使いが荒く、

「何々を買ってこい」という要求がすごいのだそうです。

今回、再び、
弟の貴大将が貴ノ岩関の付け人となり、
お兄さんは大変だろうと心配していて、

遅かれ早かれ、こういった事件が起こることを危惧していたといいます。

その心配が現実のものとなってしまいました。

貴ノ岩は貴大将以外にも暴行の態度不良の疑惑が

元横綱の日馬富士の暴行事件が話題となった時、
貴ノ岩関について悪く言う人はほとんどいませんでしたが、

貴ノ岩関が加害者となったとたん、
貴ノ岩関の態度不良についての噂が囁ぎだされました。

6日の朝刊には早速、
貴ノ岩関の暴行の常習性があったことが報じられています。

今回の付け人暴行を知ったある力士は、「またか・・・」と貴ノ岩の常習性をつぶやいた。過去には、他の部屋の若手力士を殴打していたとする証言もあった。

スポーツ報知(2018・12・6)

6日に放送のバイキングでも、
元力士の維新力浩司さんが、
ある相撲関係者の話しとして、

昨年の夏巡業の時に、
貴ノ岩関が付け人に手を出したことがあったことや、

知り合いの関取から、
挨拶もしない貴ノ岩関は評判が悪いことを明かし、

MCの坂上忍さんから、

「なんで昨年の日馬富士の事件の際に言ってくれなかったの?」
と責められていました。

相撲リポーターの横野レイコさんも同様に、
貴ノ岩関のこれまで聞いた問題に言及しました。

貴ノ岩関は、
気が荒いとされるモンゴル人の中では
おとなしい性格ではあるのだけど、
説教癖があり、過去の具体例として、
休場中の若い後輩のモンゴル人力士が
着物ではなくジャージで出歩いていることを知り、
口だけでなく手を出したことがあることを聞いたことがあることを明かしていました。

これまで被害者だった貴ノ岩関について、
暴行を行っていた事実は伏せられてきましたが、
今後も、「もっといっぱい出てくる」
とのことです。

貴ノ岩関が現在、どこまで反省をしているのか、
反省のケジメをどのように取るのか。

自らも引退として幕引きをする勇気と覚悟があるのか、

事態を見守っていきたいと思います。